『ケリースレーター』サーフィン界のスーパースター!世界のトップを20年間維持。

ケリースレーター』さんは、サーフィン界のスーパースター。

世界サーフィン界のNO1を20年間維持し続けた

過去最高のサーファーです。

年齢を重ねた今でも進化し続けているそうです。

ケリー スレーター
フルネーム:ロバート・ケリー・スレーター(Robert Kelly Slater)
生年月日: 1972年2月11日(39歳・2012年)
出身地: アメリカ フロリダ州 ココアビーチ
居住地: フロリダ、カリフォルニア、ハワイ
身長: 5’9″(約179cm)
体重: 160lb(約72.5kg)
スタンス: レギュラー

ケリースレーター

ケリースレーター

by hyunlab

ケリースレーター

by surfglassy

『ケリー・スレーター』さんは、前人未到の11度のASPワールドチャンピオンシップ獲得し、

その他にも、ケリーさんは、48度のエリートツアー優勝。

2度のESPN X ゲーム金メダル獲得、14度のサーファー・ポール・アワード受賞。

権威あるローレウス世界アクションスポーツマン・オブ・ザ・イヤー受賞。

サーフィン・ホール・オブ・フェイム
(世界的に有名なサーファーの足型や手形などを集めたサーフィンの博物館)殿堂入りなどなど・・・

サーフィン界のトップを20年間走り続けてきた。

キング オブ サーファーのケリースレーターさん。

ライダーとして残した数々の輝かしい戦歴とサーフィン業界への多大なる貢献を評価し、

2010年5月米国議会下院は満場一致でケリーを表彰。

ケリーは世界チャンピオン獲得を最年少と最年長の両方で成し遂げ、

キャリアの勝率が8割に近づいていることから、39歳(2012年)の今、

多くの専門家から最も強い競争心を持つアスリートの一人とされている。

また、ケリーの進化と挑戦は、人々のサーフスタイルやスポーツに対する考え方にも変化をもたらしている。

ケリー・スレーターのプロ意識、社会貢献度、

そのキャラクターとスタイルは、サーファーがあるべき姿を問い直す。

自らの影響力とステイタスを使って一般社会に環境問題を伝え、

世界中の海と海洋生息動物の保護に取り組んでいる。

ケリー・スレーター・ファウンデーション(www.kellyslaterfoundation.org) では

チャリティーイベントを開催し、企業と個人慈善活動家から寄付を集めながら、

社会・環境問題に取り組む慈善団体への意識の喚起と資金援助を行っている。

ケリースレーター

by Rusty Clark – On the Air M-F 8am-noon

ケリーさんはテレビ、映画、音楽の分野でも20年にわたる功績を持つ。

ソニーピクチャーズのアニメーション映画『Surf’s Up』出演、MTVのサーフィン特別企画

『Kelly Slater Celebrity Surf Invitational』プロデュース、クイックシルバーフィルム『Letting Go and A Fly In the Champagne』出演、

E!チャンネル『Girls Next Door』出演、

Sirius局ラジオ番組『K-OS』ホスト担当、

海洋の生態系と波形成科学について若い世代に情報を与えるための

3D映画『The Ultimate Wave Tahiti 3D』プロデュース/主演、

ソニーから自身のバンド The Surfers とアルバム『Songs From the Pipe (1998)』リリースなど、

ジャック・ジョンソン、ベン・ハーパー、パールジャムのエディー・ヴェダーら

ミュージシャンとも親交が深く、彼らとともにステージに立つことも知られている。

また、Activisionによる大ヒットビデオゲーム『Kelly Slater’s Pro Surfer』

6カ国語に訳されたベストセラー自叙伝『Pipe Dreams』、回顧録『For The Love』

Sports Illustrated社出版の『The Pop Up Book of Sports』(2009年)の他、

ペンタックス、ロレアル、ベルサーチ、HINANO、TIMテレコム、メルセデス・ベンツ、

キールズ、そしてアップル社など様々な出版物やグローバル広告キャンペーンにも出演している。

アウトサイド、ハック(UK)、メンズジャーナル、メンズヘルス、ニューヨークタイムズ、

トランスワールド・サーフ、スポーツ・イラストレーテッド/SI スイムスーツ・モデル(最も格好良いアスリート投票)、ピープル・マガジン(最も美しい50人投票)

サーファー(史上最高のサーファー投票)、最新のESPNマガジン2010年の”ボディ・イシュー”で世界のトップアスリートの一人として登場するなど、数多くの国際的ファッション、ライフスタイル、サーフィン雑誌で取り上げられている。

1990年より、世界のリーディング・ボード・スポーツ・メーカーのクイックシルバー(www.quiksilver.com)がケリーのスポンサーとなる。

ブランドの高性能ウエットスーツとボードショーツのシグネチャーシリーズに、デザインと機能テストに取り組んでいる。

また、アクションスポーツ業界の先導、チャンネル・アイランド・サーフボード(www.cisurfboards.com)とシグネチャーシリーズのサーフボードを製作、チャンネル・アイランドの創業者アル・メリックとも個人使用の多くのボードをデザインしている。

サーフ・ハードウェア/FCS、サーフアクセサリーを扱う自身のブランド、Komunity Project もケリーのスポンサーである。

ケリーは大会出場で世界を旅していないときはカリフォルニア、ハワイまたはフロリダで過ごしている。

また、ゴルフ好きで世界中でセレブが参加するプロアマトーナメントではハンデ3でコースを回る。

全てに措いて、パーフェクトに見える影には、

並外れた精神力 人間性 妥協を許さない努力が有ったのかな~と 個人的には想います。

『ケリー・スレーター』2011年の成績と結果!

現在の世界ランキング:1位
ポイント:69,000(2011年10月31日現在)

ASP世界タイトル
1992, 1994, 1995, 1996, 1997, 1998, 2005, 2006, 2008, 2010

ケリースレーター

by burroblando

2011年イベント結果

Quiksilver Pro, Gold Coast (Snapper Rocks, Australia): 1位
Rip Curl Pro, Bells Beach, (Victoria, Australia): 5位
Billabong Rio Pro (Rio de Janeiro, Brazil): 13位
Nike Pro US Open (Huntington Pier): 1位
Billabong Pro Teahupoo (Teahupoo, Tahiti): 1位
Quiksilver Pro New York (Long Beach, New York, USA): 2位
Hurley Pro Lower Trestles (California, USA): 1位
Quiksilver Pro France (Hossegor, France): 5位
Rip Curl Pro Portugal (Peniche, Portugal): 2位

戦歴

2011年
Nike Pro US Open (Huntington Pier)
Billabong Pro Teahupoo (Teahupoo, Tahiti)
Hurley Pro Lower Trestles (California, USA)

2010年
Rip Curl Pro (Bells Beach, Australia)
Hurley Pro (Lower Trestles, California, USA)
Rip Curl Pro (Portugal)

2009年
Hang Loose Pro (Santa Catarina, Brasil)

2008年
Quiksilver Pro (“Snapper Rocks” – Gold Coast, Australia)
Rip Curl Pro (Bells Beach, Australia)
Glove Pro Fiji (Cloudbreak, Restaurants – Tavarua, Fiji)
Billabong Pro J-Bay (Jeffrey’s Bay, South Africa)
Boost Mobile Pro (Lower Trestles, San Clemente, California)
Billabong Pipeline Masters (Pipeline, North Shore Oahu, Hawaii)

2007年
Boost Mobile Pro (Lower Trestles, San Clemente, California)

2006年
uiksilver Pro (Gold Coast, Australia)
Rip Curl Pro (Bells Beach, Australia)

2005年
Billabong Pro (Teahupoo, Tahiti)
The Globe WCT (Fiji)
Billabong Pro (South Africa)
Boost Mobile Pro (Lower Trestles, San Clemente, California)

2004年
Snickers Australian Open (QS)
Energy Australia Open (QS)

2003年
Billabong Pro (Teahupoo, Tahiti)
Billabong Pro (South Africa)
Billabong Pro (Mundaka, Spain) Gotcha Tahiti Pro presented by Globe (Tahiti)
Nova Schin Festival (Brazil)

2002年
The Quiksilver in Memory of Eddie Aikau (Specialty-Hawaii)

2000年
Gotcha Tahiti Pro presented by Globe (Tahiti)

1999年
Mountain Dew Pipe Masters (Hawaii)

1997年
Billabong Pro (Australia)
Tokushima Pro (Japan)
Marui Pro (Japan)
Kaiser Summer Surf WCT (Brazil)
Grand Slam (Specialty-Australia)
Typhoon Lagoon Surf Challenge (Specialty-USA)

1996年
Coke Surf Classic (Australia)
Rip Curl Pro Saint Leu (Reunion Island)
CSI pres. Billabong Pro (South Africa)
U.S. Open (California)
Rip Curl Pro Hossegor (France)
Quiksilver Surfmasters (France)
Chiemsea Pipe Masters (Hawaii)
Sud Ouest Trophee (Specialty-France)
Da Hui Backdoor Shootout (Specialty-Hawaii)

1995年
Quiksilver Pro (Indonesia)
Chiemsee Pipe Masters (Hawaii)
Triple Crown of Surfing (Specialty-Hawaii)

1994年
Rip Curl Pro (Australia)
Gotcha Lacanau Pro (France)
Chiemsee Pipe Masters (Hawaii)
The Bud Surf Tour (WQS-USA)
The Bud Surf Tour (WQS-USA)
Sud Ouest Trophee (Specialty-France)

1993年
Marui Pro (Japan)

1992年
Rip Curl Pro Landes (France)
Marui Masters (Hawaii)

1990年
Body Glove Surfbout Trestles (California)

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です