沖縄の魔よけ 石敢當

沖縄の魔よけ 石敢當

沖縄の魔よけの石碑 『石敢當

石敢當 (いしがんどう、いしがんとう、せっかんとう)とは?

石敢當 などの文字が刻まれた 魔よけの石碑や石標

石敢当、泰山石敢當、石敢東、石散當、石散堂、 石厳當 と書かれたものもあるそうです。

『石敢當』は元々、中国で発祥したもので

日本では主に沖縄県や鹿児島県で見かけるんですが

沖縄では民家などの塀に「石敢當(いしがんとう)」と書かれた石板がおかれているのを、

ほとんどの所で!よく見かけます。

「石敢當」とは?魔物(マジムン)を倒すためにあるのだそうで

人々の平和な生活を乱しにやってくる魔物は、不器用でなぜか曲がるのが下手で、

T字路や三叉路の突き当たり、袋小路の奥などにおかれていて

「石敢當」の石板にマジムンが激突し、砕け散ってしまうのだとか。

石敢當は、沖縄ではどこへ行っても一般的に見られ、

場合によっては「石敢当」せっかんとう、と書く事もあるようです。

名称の由来

沖縄県では「いしがんどう」、「いしがんとう」と呼ばれ、

鹿児島県では「せっかんとう」と呼ばれることが多いらしい。

「石敢當」の名前そのものの由来は後漢代の武将の名前とも名力士の名前ともされるほか、

石の持つ呪力と関わる石神信仰に由来するとの色々な説があり定かではない・・・

そこで!

沖縄では一番、大きいかもしれない?

石敢當を見つけました

これなら極悪なマジムンからばかでかいマジムンまでイチコロだと思います(^_^;)

沖縄の魔よけ 石敢當

沖縄の魔よけ 石敢當

沖縄の魔よけ 石敢當 効果

沖縄の魔よけ 石敢當

by Nao Iizuka

効果

沖縄県では未だに根強く続いており、当地では丁字路や三叉路が多いことから、

現在でも沖縄県の各地で新しく作られた大小様々の石敢當を見ることができま~す。

沖縄の地域では、町中を徘徊する魔物「マジムン」はなぜか?直進する性質を持つため、

丁字路や三叉路などの突き当たりにぶつかると

向かいの家に入ってきてしまうと信じられているため、

丁字路や三叉路などの突き当たりに石敢當を設け、

魔物は石敢當に当たると砕け散るとされるので魔物の侵入を防ぐ魔よけになっているそうです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です