『ひ~じゃ~汁』ヤギ汁は沖縄のソウル フード!

沖縄のソウルフードであります。ひ~じゃ~汁は?ヤギ汁の事。

やぎ は日本の多くの地域ではあまり馴染みがないが

例外的に 沖縄料理 では、ひ~じゃ~ と呼んでよく使われており

汁物(山羊汁)や刺身(山羊刺し)として食べます。

特に睾丸の刺身は珍重される。

やぎ肉 やぎ刺し

沖縄のソウル フード『ひ~じゃ~汁』

by pelican

沖縄 では ヤギ が好きな人には、
(特徴:にたじ~してる・よだれが出てるのも気付かないぐらい)

でーじ 美味しい うちな~んちゅ パワフル まぶいフード

お祝い事には欠かせない? ソウルフード です。

沖縄のソウル フード『ひ~じゃ~汁』

沖縄のソウル フード『ひ~じゃ~汁』

沖縄のソウル フード『ひ~じゃ~汁』

沖縄のソウル フード『ひ~じゃ~汁』

近年ではヤギの愛らしさ、粗放的飼育に耐えうる点等が再評価されつつある。

これを受けて、ヤギ愛好者・生産者・研究者が一堂に会する

「全国山羊サミット」が年に1回!

日本国内で毎年開催場所を変えて開催されており年々盛況になっているそうです。

沖縄のソウル フード『ひ~じゃ~汁』

それと!話しは変わって。

ヤギは本当に紙を食べるのか?

ヤギは本当に紙を食べるのか?

沖縄のソウル フード『ひ~じゃ~汁』

by “KIUKO”

ヤギは紙を食べる動物としても知られていいますが。

与えられれば割と積極的に食べる場合が多いです。

しかし、現実には、現代の紙を食べさせると消化できず

腸閉塞などを起こす可能性があり危険だそうです。

昔は紙の多くが植物のみでできていたので、ヤギが食べる(消化する)ことができたとか!

つまり、原則としては、ヤギは紙を摂取して消化し、

エネルギーを獲得することができるということになります。

しかし、洋紙をはじめとする現代の紙は?

昔の紙とは成分が異なり、ヤギが消化することができない。

また、ティッシュ・ペーパーが水に溶けないようにする湿潤紙力剤、新聞紙など印刷物のインクや機械油など、その用途にこたえるためのさまざまな薬品・填料・顔料が、表面に塗布されたり、混ぜ込まれたりしている現在の紙!

そのような物質は、ヤギの消化器官でも消化することができない。

はっきりと有害なものもあるし、

そうでなくても、体外へ排出されることなく蓄積され、

腸閉塞を起こしてしまうこともある。

ひどい場合には、死に至ることさえあるという。

やはり現代の紙を与えるのは避けるべきである。

また、パンなどの人間用加工食品、穀物やマメ科牧草などの

いわゆる嗜好性の高い食物を大量に与えると、容易に分解されるため

反芻胃で異常発酵を起こし最悪の場合は死に至る。

これはヤギだけでなく反芻動物では一般的に言えることである。

どの程度が大量かは種や飼育条件や飲料水の質・量などによるが

粗剛な飼料に適応しているヤギでは閾値が低く、

飼育に当たり注意すべき点となっています。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です