『沖縄の観光名所』美ら海水族館の営業時間と場所。

沖縄 美ら海水族館 は、沖縄 本部 にある 沖縄の水族館 となっていて

沖縄の有名 観光スポット です。

沖縄 美ら海水族館 は、国営沖縄記念公園・海洋博公園内にある

世界最大級の 沖縄 美ら海 水族館(ちゅら海水族館)。

美ら海水族館

那覇 から車で約2時間30分の本部半島、海洋博公園内にある沖縄著名な観光地です。

黒潮の海・サンゴの海・熱帯魚の海・危険ザメの海・深層の海の5つの海を再現した水槽は、

厚さ60cmで1枚の巨大アクリルパネルからなります。

まるで海の中を探検してると思わせるほどの巨大パノラマ水槽

世界初となる繁殖を目指したジンベエザメやオニイトマキエイ(マンタ)の複数飼育、

世界唯一の神秘的な光景を家族やカップル、お友達みんなで楽しめる、観光地だと思います。

美ら海水族館

浅瀬にすむ生き物たちに触れる事が出来る。

まず初めに入ってすぐの所に浅瀬をイメージした「イノー」と言う

沖縄の方言でサンゴ礁に囲まれた浅い海のことで。

ここでは、ヒトデやナマコなど、

浅瀬にすむ生き物たちを見て実際に触れて学ぶ事ができます。

どれも安全な生き物なのだそうです。

美ら海水族館

美ら海水族館

世界初!のサンゴの大規模飼育「サンゴの海」

水槽は屋根がなく、沖縄の強烈な日差しを直接取り込む構造になっていて。

そして、沖縄美ら海水族館の目の前の沖合から、

絶えず新鮮な海水を供給するオープンシステムを採用することで、

世界初の生きたサンゴの大規模飼育を可能にしたそうで、

約70種800群体の造礁サンゴは圧巻です。

長いもので10年以上飼育を行っているサンゴもいるそうですます。

美ら海水族館

それと水族館の「サンゴの海」「熱帯魚の海」は外とつながっているので

水槽を真上から見ることもでき

天然の陽光に照らされた、色鮮やかなサンゴや熱帯魚がきらめく姿を楽しむことができます。

沖縄のサンゴ礁を忠実に再現した「熱帯魚の海」

強烈な光の差し込む浅い岩場から、美しい砂地、そして薄暗い洞窟まで、

沖縄周辺に広がるサンゴ礁域の環境を忠実に再現。

そこに生きる熱帯魚たちを自然に近い状態で飼育されています。

美ら海水族館

沖縄美ら海水族館のメインスポット

巨大アクリルパネル「黒潮の海」!

「アクアルーム」など多方向から観覧できる大水槽です。

ここでしか見ることのできないジンベエザメとナンヨウマンタたちの群泳。

沖縄の海の全てをはぐくむ黒潮の流れの中に生きる

大型のサメ・エイ類、回遊魚たちを紹介するエリア

美ら海水族館

早朝見学がおすすめ

水槽が一番きれいな時間帯は早朝です。

夕方は夜のライトアップに切り替わります。

そのため、昼とは違う動きをしている魚がいます。

何度も沖縄美ら海水族館に来ている方は、

時間帯を変えて見学されると新しい発見があります。

食事前が一番活発!

常に悠々と泳いでいるかのようなジンベエザメも、実は一日の動きに変化があります。

水族館が閉館した後から翌朝にかけて、最も泳ぐスピードが遅く、翌朝からエサの時間にかけてスピードが速くなります。

最も速く泳ぐ時間帯は、エサやりの直前です。

動きにも注目してください。

美ら海水族館

海の中の特等席「アクアルーム」

「アクアルーム」の天井はアクリルパネルなので、下から上を眺める感じで見学ができます。

まるで、海の中の特等席。

ジンベエザメやナンヨウマンタが泳ぐ姿を、下から正面から、

さまざまなアングルで眺めることができます。

海底にいるような、ゆったりした気分が味わえました。

美ら海水族館

美ら海水族館

美ら海水族館

美ら海水族館

サメ博士の部屋 危険ザメの海

美ら海水族館

美ら海水族館

絶滅した古代ザメ・メガロドン

絶滅した全長16mもあるサメのアゴの復元模型を展示しています。

歯の標本も置いてあります、館内で撮影もできますので、

人と対比して撮影すると大きさが分かります。

美ら海水族館

総合休憩所(美ら海プラザ)

美ら海水族館のすぐ隣にあって無料で利用できる休憩施設です。

沖縄の海の神秘についてわかりやすく展示するコーナーも併設されています。

マッコウクジラ骨格標本

天井から吊り下げられたマッコウクジラの骨格標本は迫力です。

その大きさを実感してください。

美ら海水族館

ザトウクジラ捕食模型

間近で見ることのできない、ザトウクジラの補食の様子をリアルに再現しています。

ザトウクジラ捕食模型 間近で見ることのできない、ザトウクジラの補食の様子をリアルに再現しています。

メガマウスザメ液浸標本

名前のとおり大きな口をしたサメです。

日本でも数少ない貴重なサメの標本が見れます。

美ら海水族館

美ら海水族館

ウバザメの標本

美ら海水族館

美ら海水族館

【開館時間】通常期(10月~2月):8:30~18:30
夏期(3月~9月):8:30~20:00
【入館料金】無料

美ら海水族館の営業時間と場所。

美ら海水族館

通常期 10月~2月 開館時間/8:30 閉館時間/18:30(入館締切/17:30)

夏期 3月~9月 開館時間/8:30 閉館時間/20:00(入館締切/19:00)

多客日(開園・開館時間1時間延長)5月と12月

休園日:12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)

海洋博公園の全ゲートが閉まり、公園内に入園できません。

入館料金

入館時間8:30~16:00(通常料金)

大人 1,850円
中人(高校生)1,230円
小人(小・中学生)610円

割引!16時~入館締切
(4時からチケット)

大人 1,290円
中人(高校生)860円
小人(小・中学生)430円

6歳未満 無料

園外販売券等をすでにお持ちの方で16:00以降に入館される場合は、
水族館券売所において差額をお返しし、「4時からチケット」と交換できます。

※水族館の園外販売券(前売券)は、
沖縄県内のコンビニエンスストア、道の駅等で販売しております。

団体料金(20名以上)

大人 1,480円

中人(高校生)980円

小人(小・中学)490円

年間パスポート

1年に2回以上は行く!という方にオススメで

2回分の入館料金で「年間パスポート」を作ることが出来てお得!

さらに特典も付いてます。

当日発行できます。

大人 3,700円

中人(高校生)2,460円

小人(小・中学生)1,220円

アクセス

沖縄美ら海水族館は、本部町にある海洋博公園内にあります

美ら海水族館

美ら海水族館

お問い合わせ

沖縄美ら海水族館
〒905-0206
沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
TEL:0980-48-3748

Google マップ

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です