ニライカナイ橋『沖縄 パワースポット』の場所。

沖縄 パワースポットニライカナイ橋 の場所

南城市 にあります。

セイファーのある 沖縄県 南城市 (旧知念村)のニライカナイには
数多く伝説があります。

ニライカナイ橋

ニライカナイ橋

海を越えてやってきた神、

沖縄の始祖「アマミキヨ」が県内のとどまった各地に史跡と由来が残されており、

それが伝説、御嶽や拝所(お祈りの場)となり

今も地元の人たちによって大切に守られています

*ニライカナイとは?

海の向こうにある楽園、理想郷、神の国のこと。
そこから神がやってくるという言い伝え。

そのことから戦後神社との習合がとてもスムーズに為されたと神社の神主の弁。
ここは、その海からやってきた神、沖縄の始祖「アマミキヨ」が造った

七御嶽のひとつと言われ、琉球王朝の神事の場でした。
琉球王朝では神の声を聞くことの出来るのは女性であり、

それも、王の親族の女性と決まっていました。
その女性が琉球王朝最高神官、聞得大君(キコエノオオキミ)。
その就任式もここで執り行われていました。
当時、この地は一般の人たちは入り口までしか入る事を許されず、

国王でさえ途中までしか行くことができなかった程神聖視されていました。
勿論今はどなたでも入ることが可能です。

沖縄 パワースポット『ニライカナイ橋 』の場所は?

沖縄県南城市知念字吉富

南城市知念の国道331号線を走ると山側に大きな橋がありますが。

この橋は、ニライ橋とカナイ橋が繋がってニライカナイ橋といいます、

橋から見る景色はとてもきれいです。

国道331号線の吉富交差点から山側へ曲がればニライカナイ橋へ行けます。

ニライカナイ橋

Google マップ

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です