イチロー の大先輩は誰ですか?

イチロー の大先輩!!

さて、イチローの大先輩でもあり、

前人未到の日本最高3085安打を放った、

安打製造機と呼ばれた「張本勲氏の発言

張本氏は、幼い頃受けた原爆の影響により、右手に火傷の後遺症があり、

右手の親指と人差し指が完全に伸びず、薬指と小指は引っ付いたままというハンディを持っています。

しかし3000安打、500本塁打を記録している唯一の選手です。

やみくもに「喝!」と怒っているだけではありません。

頂点を極めた超一流のプロだけに、「張本勲氏の発言」には、為になる要素が満載です。

「バッティングに頂点はない。」

最も大事なことは何かといえば反復この二文字以外にない。

「バッティングとは学問」なかでも数学の方程式のようなものだと私は思っている。

なぜ、こうなるのか?どうすれば答えが出るのか。

打てなければどうして打てなかったのかを考える。

その反復なくして、バッティングの向上はありえない。

「バッティングに頂点はない。」にも関わらず。

「もうこれでいいんだ。自分は一人前になった」と油断した瞬間に、転落は始まっていく。

これじゃいかんと思ったら、気持ちを入れ替える。反復練習をする。

そして、徐々に持ち直していく。結局、バッティングとはこの繰り返し作業なのだ。

イチローは‘天才’

イチロー の大先輩

by Keith Allison

よく、イチローのことを‘天才’と呼ぶが、「ふざけるな!」と言いたい。

イチローほど努力をする選手は、私や王(貞治)以外にはいないのではないだろうか。

イチロー の大先輩

by OlympianX

「私は、日本一、いやアジア一貪欲な、ハングリー精神の持ち主である。」

その証拠にプロ野球に入団してから、練習メニュー以外の素振り300回は23年間一度も欠かしたことがない。

これは一日たりとも欠かさなかった。

それでも悔いることがたびたびある。

イチロー の大先輩

by : : Ys [waiz] : :

「俺は今日まで、これほど練習をしてきたではないか」言ってみれば、自己暗示のようなものだ。

練習は決して自分を裏切らない、というのは真実である。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です