ヤモリの赤ちゃん!沖縄 やーるー。

沖縄のやーるーで赤ちゃんのヤモリ

家のベランダで、さっき生まれたばかりだと思うんですが。赤ちゃん「ヤールー」です!

右隣に白い丸い物が やーるー の卵の殻ちゃん オオーw(*゚o゚*)w

生まれたばかりの やーるー と卵の殻がそばで一緒に見れるのは

貴重だと思ったので一枚パチリッ☆

殻の大きさは7~8ミリくらいです!

沖縄 やーるー

大人の指と比べてみると、なんて小さいことでしょう!

体長はだいたい3.5センチくらいで本当に小さくってかわいいベイビーちゃんですね^^

沖縄 やーるー

沖縄 やーるー

大人になると体長10センチ以上にもなり、夜中に『チッチッチッチッチッチッチッチッ♪』

と独特な鳴き方を聞かせてくれるや~る~君です

沖縄 やーるー

沖縄 やーるー

沖縄本島南部の ヤモリ は「ホオグロヤモリ」のようです。

ヤモリ は、沖縄方言で「ヤールー」と言います。「ヤールー=家(ヤー)に居る」という意味でしょうか

「家守(やもり)」という「家の守り神」説もあるくらいですから、

沖縄では ヤモリ を嫌がる人は少ないはずです。

そういえばイモリは「井守=水を守る神様」なんですね。

今回のこの貴重な体験でや~る~君の生態や文化を知ることが出来ました!

や~る~君ありがとぅーーー(*≧∇≦)ノ<※ラッキー♪

沖縄のやーるー ヤモリ(家守)の特徴は?

「チッ、チッ、チッ」と大きな声で鳴きます。

沖縄のヤ~ル~は「ホオグロヤモリ」

鳥声の鳴き声に似てます。

(「キッキッキッ」とも「ケッケッケッ」とも聞こえますけど、鳴き声はヤールーには欠かせないアイテムなんですね)

特に、湿気が高い日、雨の前によく鳴きます。

沖縄 やーるー

夜行性ですが、日中でも日の当たらない陰の壁や天井には出てきます。

夜は電灯の明かりには堂々と出てきて、網戸などに張り付いて生きている虫しか食べません。

ハエ・蚊・クモ・ゴキブリの赤ちゃんなどの小さな虫です。

沖縄では家の中にアリが沢山出没するのですが、

アリ(羽アリ?)もヤモリが食べてくれるのです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です