Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/b8m8w8/xn--98jxd701t7to.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

木下サーカス 空中ブランコフライヤー 下地和也さん

木下サーカス

空中ブランコフライヤーの下地和也さん

木下サーカス創立110周年を迎え、

今回!!

2012年の12月には、

沖縄で8年ぶり!豊見城市の豊崎特設会場での公演

石垣島出身の下地和也さんは、

空中ブランコオートバイショー

華麗な演技を披露し観客を熱狂させています。

運動より読書が好きだったという意外な少年時代もあったそうです。

木下サーカス 空中ブランコフライヤー 下地和也さん

木下サーカス入団18年目のキャリアを誇る

沖縄県石垣島出身の下地和也さんは、

メインイベントの空中ブランコショーと

直径9メートルの鉄製の球体の中を3台のバイクが猛スピードで行き交う

「世紀のオートバイショー」に出演し、命懸けの妙技を見せてくれます。

緊張感あふれるショーを見事に演じる下地さんですが、

舞台とは違う表情で!

話しぶりは物静かで落ち着いた雰囲気を持っているとか。

その下地さんもサーカスの魅力に魅せられた一人だそうです。

木下サーカス 空中ブランコフライヤー 下地和也さん

木下サーカス 出会いは就職情報誌から

石垣島に生まれた下地さんは、

小学校1年生の頃に両親と姉妹の家族5人で名古屋に移住。

中学生までは科学部などに所属しており

「読書が好きで、あまり運動はしていなかった」とのこと。

中学卒業後には工業高校に進みますが、次第に進むべき道を見失ってしまい。

学校が面白くなかった下地さんはやがて友達と遊び歩くようになり、

2年生の秋に退学してしまいます。

そんなある日、就職情報誌で木下サーカスの団員募集を目にしたのが、現在の道を決定づけました。

小学3年生の頃、団体見学で行った木下サーカスのブランコやバイクのショー

頭によみがえった下地さんは、すぐに事務所に電話を入れ!

高校を辞めて「約3ヶ月後」、17歳の時!!

サーカスの世界に飛び込みまました。

■下地和也(しもじ・かずや)■
1977年10月5日、石垣島に生まれる。
小学生の時に名古屋へ移住し、高校中退後、工場勤務などを経て17歳の時に、
木下サーカス団へ入団。
空中ブランコやオートバイショーなどで活躍する。
2009年に同じくサーカス団員の典子さんと結婚し、夫婦で木下サーカスを盛り上げています。

木下サーカス 空中ブランコフライヤー 下地和也さん

木下サーカス公式サイト

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です