受動喫煙 防止訴え!医師らが悪影響強調。

受動喫煙 防止を訴え 医師らが悪影響だと強調しました。

知ってました?

たばこ の害について、日本では情報操作されているため、ほとんどの人が知りません。

◇小3「お父さん、たばこやめて」

肺がん や 循環器疾患 など、 健康 への 悪影響 がある 受動喫煙の防止の取り組みを広めようと、シンポジウム「迷惑ではすまない受動喫煙」が開催されました。

「がんを考える一日」と位置づけており、その一環で企画。

受動喫煙対策 などの研究をしている大学教授や医師らの話に、約150人が聴き入った。

父親が 禁煙 をしているという安田学園安田小3年の中野志保さん(9)も参加。

登壇した中野さんは「お父さんのたばこが臭いのでやめてほしい。

たばこの煙が、(たばこを)吸わない人にとってどんなに悪いか知りたい」と話して会場を和ませた。

シンポジウムでは、産業医大産業生態科学研究所の大和浩教授が基調講演した。

ベランダなどでたばこを吸った際の煙の流れを調査したところ、

室外であっても、ドアや窓の隙間から煙が入る様子を映した映像を交えて解説。

さらに、「喫煙後3分間は肺に煙が残っている」と話し、

知らずに受動喫煙させる可能性などを指摘した。

また、大和教授は、飲食店で分煙がされていても、従業員が受動喫煙すると言い

「職場での受動喫煙を防止するためにも全面禁煙が必要」と訴えた。

続いて、医師や県職員、会社経営者らが、それぞれの立場から講演。

松村循環器・外科医院理事長の松村誠医師は

「受動喫煙は、動脈硬化を導き、心筋梗塞(こうそく)を引き起こす要因となる」などと解説した。【寺岡俊】

【禁煙ネクタイ】

受動喫煙 防止

禁煙CMコンテスト第1位作品 受動喫煙 防止訴え

動画リンクそろそろお時間(2010年禁煙CMコンテスト第1位)

2010年特定非営利活動法人日本禁煙学会主催

第2回「タバコは健康を損なう:動画CMコンテスト」第1位受賞作品
そろそろお時間(2010年禁煙CMコンテスト第1位)

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です