Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/b8m8w8/xn--98jxd701t7to.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

祝!2020年オリンピック決定!日本チームのプレゼン。 果たしてどこが良かったのか?

感動!!

2020年の東京オリンピックが決まって。

日本中が湧いた、歓喜した、泣いた、叫んだ!!!

何度も何度もテレビで流れる日本チームのプレゼン。

果たしてどこが良かったのか?

2020年オリンピック決定

by yto

日本チームのプレゼンで、 評価できるポイント!

1.解釈のチカラ

今回、東京開催の最大の難点となったのは、東日本大震災と原発問題である。

「オリンピックなんてやってる場合じゃない」
「もっと復興に集中すべきだ」
「いや、自粛すべきじゃないか」

そう思った人もいるだろう。

「私たちに起こるすべての出来事は、ひとつの現象でしかないが。

実は現象そのものよりも、その現象を『どのように解釈するのか』が大切。

当事者にとって、耐え難い現象であったことは言うまでもないですが。

しかし生き残った人間は、その命を生かしていかなくてはならない。

震災後、世界中のアスリートが被災地を訪ねてくれた。
そして勇気づけてくれた。

新たな夢と笑顔を育む力。
希望をもたらす力。
人々を結びつける力。

だからこそ、オリンピックが必要なのだ。

このプレゼンは、最も不利なアゲンストな状況をアドバンテージに変えた解釈力の賜物なのだ。

2.ボディランゲージのチカラ

今回のプレゼンは、多くの国会議員のように、下を向いて原稿を読む人はいなかった。

プロンプターを使っているとはいえ、真正面を向き、表情豊かに、身振り手振りを頻繁に使い、

「何を話すか」以上に
「どう話すか」を意識していた。

後日談を聞いて感動しました。

プレゼンテーターはスポーツ選手も多く、決して「話すプロ」ではない。

この日のために専門のトレーニングを受けて、何度も何度も繰り返し練習したという。

やっぱり“繰り返し反復”なのかな。

心と体に新たな習慣を叩き込む、そんなイメージだろうか。

これを機に、日本人のプレゼンが大きく進化を遂げることを祈っています。

2020年オリンピック決定

by t-mizo

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です