ふたりの医師の診察で、どのような医師にかかりたいですか?

あなたやあなたの家族、大切な友人が病気になったとき、

どのような医師にかかりたいですか?

ふたりの医師の診察

photo by Doctor Who Spoilers

<コミュニケーションの目的>

「手段と目的の区別」

次のような例えがあります。
医学、医療現場であれば患者自身の病気に対する考え方や

「なぜこのような病気がからだに現れたのか」などを一緒に考え、

病気を治すだけでなく、再発させない方法や、

そのためのからだづくりなどをしっかり伝えることまでが目的。

先日、手術をともなう重い病気を患った友人が、

2人の医師の診察を受けました。

目的のために手段

A医師
「今日の検査結果ですが、~~~」

パソコンに向かったまま話しかけ、

友人の顔をまともに見ることなく診察を開始しました。

そして
「はい。今日はこれでおしまいです」・・・

A医師は、この間一度も患者である友人を正面から見ませんでした。

B医師
恐る恐る友人が診察室に入ってみると、顔はもちろんのこと、

体の向きも彼女を迎える姿勢で既にスタンバイされていました。

笑顔で接しながら、友人の緊張と不安をほぐしながら問診。

そして、一緒にこの病気と闘おうと、

最後に友人と同じ立ち位置で励ましてくれました。

両者の医師ともかなり有名な医師だそうですが、

あなただったら、どちらの医師にかかりたいですか?

どちらの医師も、患者を救うことに対してもちろん真剣です。

しかし、ただでさえ恐怖と不安を抱える患者にとって

どのような気持ちであるかがとても大切ではないでしょうか。

A医師のコミュニケーションだと患者は不安になり、
インフォームドコンセント
(正しい情報を得た上での合意)も得られないことでしょう。

目的のために手段があります。

手段のための目的ではないのです。

友人は、B医師との出会いにより、

病気と立ち向かう勇気を得て、今現在治療に励んでいます。

このような友人の体験を通して

私自身もいつの間にか目的と手段にズレが生じてはいないか、

そう考えさせられました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です