防水腕時計の仕様について勘違いの多い防水性能。

防水腕時計 について

腕時計の仕様について非常に勘違いの多い(分かりにくい)のが防水性能。

10気圧防水=100mまでは潜っても大丈夫という意味ではありません。

メーカーの保証書を読むとその辺りがおそらく書いてあるはずです。

気圧防水は、あくまで文字盤を格納するケースの強度に基づく表記なので

例えば蛇口の真下において勢いよく水をかけると、潜らなくとも10気圧程度の圧力はかかる事になります。

5気圧防水だからといって、気にせずに手を洗っていると浸水する事もあります。

20気圧防水でやっと水泳が出来るレベルです。

おおまかに区分すると
・防水性能なし
・日常生活防水=3気圧防水
・日常生活強化防水=5気圧~20気圧防水
・潜水用防水=100m/200m防水
となります。

防水腕時計の仕様について

一般の方はもちろん、業者の方でも「100m防水=10気圧防水」という勘違いが多い部分ですので、注意が必要です。

ネットショップなどで”ダイバーズ”と銘打たれているモデルであっても、時計の機能、形状(逆回転防止ベゼルやインデックス)からキャッチコピーに使用されているケースもあるようなので確認が必要です。

腕時計をつけたまま水に入る場合は、必ず潜水用防水時計を選びましょう。

また、防水性能と切っても切り離せないのが裏蓋のパッキン。

パッキンはゴム製ですので、年月を経るとともに劣化します。

もちろん気温差で劣化は早まりますので、お風呂に入る時につけたままにしておくと、どんどん防水性能は落ちてしまいます。

本来は、電池交換(2-3年)の度にパッキンも替えるというのが防水性を保つための基本なのですが、時計店へ依頼する時に、なかなかそこまでお願いされる方は少ないようです。(時計店さんにぴったりのパッキンの持ち合わせがあるとも限りませんし・・・。)

メーカーへ依頼すれば電池交換と合わせて純正パッキン交換、防水性テストも行ってくれるのですが、送付の手間や日にち、料金を考えるとどうしても敬遠してしまうようです。

職業や趣味で潜水される方はともかく、日常生活で腕時計を使われる方は、

防水の有無にかかわらず「水は避ける」としておくのが無難でしょう。

裏蓋からの浸水のほかにも、リューズの締め忘れによる浸水も多いですので、十分ご注意ください。

くれぐれも「腕時計と水の相性は悪い」事をお忘れなく・・・。

防水腕時計 気圧防水 について

防水腕時計の仕様について

by david.nikonvscanon

日常生活防水(3気圧防水)
一般日常生活において最低限必要な防水機能です。
・汗(流れるような大量の汗は除く)
・洗顔などで水滴が付く程度
・小雨に濡れる程度
・水を使うときは時計を外したほうがベスト

5気圧防水
水仕事などに耐えうる防水性能です。
・ガソリンスタンドや食道、農業、水産業等日常的に水を使う場合
・水の中には入れられません

10気圧防水
水を大量に使う洗車などをする場合必要な防水性能です。

20気圧防水
水泳、素潜りなどに耐えうる防水性能です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です